離職票作成代行/労働保険年度更新手続き代行/社会保険算定手続き代行

新規創業パック

労働・社会保険加入、36協定すべて込みのお得なパックです!

雇用契約書の作成から36協定書の作成&届出、労働保険・社会保険の加入手続きまで、煩雑な事務手続きは当事務所にすべてお任せください。

会社を設立し、従業員を初めて雇い入れるときは、実にたくさんの手続きが必要です。これらの手続きは、慣れていないと大変な手間と時間がかかります。また、従業員との雇用契約の内容等は、労働法を理解した上で作成しないと、あとで大きなトラブルに発展することもあります。

初めて従業員を雇入れる場合は・・・

  • ①労働保険、社会保険への加入が必要となります。
  • ②トラブルを避けるため、従業員としっかりとした雇用契約書を締結しなくてはいけません。
  • ③残業や休日出勤が生じる職場では従業員と時間外労働及び休日労働に関する協定(=36協定)を締結し、行政に届出を行う必要があります。

そこで、事業設立後に各保険加入手続き時に最低限必要な事務手続きを総合的にサポートする

『新規創業パック』(従業員数5名まで)をご用意いたしました。

新規創業パックのサービス内容

創業サポートパックには、下記の①~④のすべてのサービスが含まれます。

①雇用契約書作成

御社の就業形態をお伺いした上で、労働法に適合した雇用契約書を作成いたします。

②適用事業報告の提出、36協定の届出(労働基準監督署)

◇ 適用事業報告とは、労働者を使用するに至ったとき(支店・営業所を開設した場合でも)から労働基準法の適用事業場となり、所轄労働基準監督署長にその報告をしなければなりません。

◇ 36協定とは、時間外労働及び休日労働に関する協定届(労働基準法第36条の届)の俗称で、従業員代表者と会社がこの協定を締結し、労働基準監督署に届出をすることで有効となるものです。

  • ・適用事業報告の提出と時間外労働
  • ・休日労働に関する協定届(36協定)を労働基準監督署に届出します。
  • ※36協定は時間外労働や休日労働が発生する前に労働基準監督署に届出る必要があります。

③労働保険新規加入手続き

  • ・労働保険関係成立届&労働保険概算保険料申告書(労働基準監督署に届出)
  • ・雇用保険適用事業所設置届&雇用保険被保険者資格取得届(ハローワークに届出)

④社会保険新規加入手続き(年金事務所に届出)

  • ・新規適用届
  • ・健保厚年被保険者資格取得届
  • ・健康保険被扶養者異動届

創業サポートパックの料金

金は上記①~④のすべてを含めて、従業員数5名までで ¥45,000円(消費税別)

きめ細かいサービスで貴社の創業を全力でサポートいたします!

※ 従業員数6名以上は別途ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 042-533-3820 [電話受付時間] 9:30 - 17:00
mail@officeshimada.com
ホームページからのお問い合わせは24時間受付

Copyright © OfficeShimada All Rights Reserved.